松山にある饒河夜市に行こう!【臭豆腐と和解か】

台湾観光

こんばんみ、ふぐです。今日は、台湾人の友達に「行ったことない夜市に連れて行ってあげる。」と言われ、饒河夜市に行って参りました。ぶっちゃけ「饒河夜市」とかいきなり言われてもぴんときません。




お昼ご飯の話

いきなり脱線しますが、今日の昼ご飯はこのようなお手軽な火鍋を食べました。

お手軽火鍋は台湾では一般的なのですが、そこのメニュー表をご覧ください。

こちらです

だいちょうくさくさなべ?

いや、ぜんぜんゲテモノとかじゃないんですけど、日本人の感覚からすると割と「えっ?」ってなりませんか?

ならない?あ、そう……(遺憾)。

饒河夜市

アクセス

台北駅から行く場合、紅線で隣駅の中山駅に向かい、そこから綠線松山駅に向かいます。

台鐵で一駅という手もございますが、交通費的にメトロをおすすめします。

松山駅のコンコース。台北はメトロがとても洗練されていて、近未来感が有ります。あとは新型車両を日本に作らせさえすれば、もう完全に未来です。

饒河夜市は1番出口から出るのが一番近いです。

こちらです。饒河街觀光夜市と書いてあります。観光スポットなんですね。

横断歩道などの関係で、1番出口を指定していますが、天才的に迷子になる人は、5番から出た方が良いかもしれません。

出口を出ると、右手に日藥本舖。イラシャイマセー

正面が松山慈祐宮。この左手に夜市があります。

……あれ??ここ来たことあるんだけど。

台湾人の友達「半年前に一緒に来たわなwww今思い出したわwwww」

松山駅前の時計台。愛媛県松山市の道後温泉にも同じものがあります。去年、道後に行ったときに撮ったと思うのですが、データが見つからない……(無能)。

夜市の形態

以前紹介した台南の武聖夜市花園夜市とは異なり、こちらは全長約600mの一本の道に露店が並ぶ形態を取っています。

では行きましょう

この写真の手前の胡椒餅は名物なので買います。

一個50元(約180円)です。外はフランスパンのような硬くて薄い生地です。

割ってみると、肉まんと似たような中身であり、味ですが、肉がミンチではなく、軽く刻んである感じです。

目に入る「天婦羅」の文字。

ポルトガル語の発音を当て字にした日本語の漢字を使用した台湾人。もうわかんねえなこれ。

超有名、大人気の卵焼き。ぼくは半年前に食べましたが、ちょっと苦手でしたね。結構甘いです。

「そんなに好きじゃないからあげる」と言ったら、台湾人に「そっか(何で好きじゃないの?)」みたいな反応されましたね……。

酢豚にパイナップルや、ポテトサラダにりんごが許せない人には、おすすめしません。

ここで、レモンとラズベリーのミックスジュースを購入。甘酸っぱくてウマいです。胡椒餅の包み紙のゴミを一緒に持っているあたり、インスタ映えない。

花枝(イカ)の焼。友達が購入。

……小エビの揚げやんけ。ウマいけど。主力よりサブの方がウマいことは良くありますよね。

日式岩焼骨なしチキン。骨なしチキンのお客様~!(煽り)

夜市あるある、とりあえず「日本式」と書いておけば人気が出る。そして、当の日本人はどこら辺が日本式なのか全く理解できない。

さて、ここが夜市の終点です。600mなのであっという間です。折り返しましょう。

ふぐ氏、臭豆腐と和解なるか?

い つ も の や つ 。

今日の僕は気分が良いので臭豆腐を受け入れようと思います。

着席。く さ す ぎ 。

臭豆腐。体内から出るものかと思えますが、体内に入れるものなんですよね……。

臭豆腐を食べる僕の様子【※音が出ます。11秒】

少しでも鼻呼吸したら吐きそう。

口に入れるまでに1分以上かかりました。ブログの仕様上10秒ほどにまとめました。ぶっさいくやなおい。

なにも考えたくない。面白さとかどうでも良いから、この口の中のやべーのをどうにかしてくれという気持ちです。

普段ドライアイ気味の僕ですが、涙が出てきています。

ちなみに味だけで言えば厚揚げの豆腐と似ています。じゃあもうそれで良いじゃん……。なんで臭くするんですか。

もう食べないぞ!!!



復路を歩く

さて、松山駅方向に帰りましょう。饒河夜市は広い道路の真ん中に夜店が並び、道が2本に分かれるため、帰りと行きで異なる道を歩けます。

が、往路と似たような夜店ばかりなので、テレビの再放送みたいな感覚です。「あっ、やっぱりあれは買っとくべきだった!」というものを買えるチャンスです。

ボソレスポークリブ。「ソ」と「ン」は確かにわかりにくいけれども、フォント入力でなぜ間違えてしまうのか。そして、「フライ」という大事な単語が欠落しています。

とはいえ、台北101の「ウインドダゾペーゾーン(ウインドダンパーゾーン)」を上回る猛者は未だに見たことがありません。

大腸包小腸。ソーセージのことですが、「大腸」って表現は……(以下省略)

チーズたこ焼き店なるものが気になってしまった……。六個入り100元(約360円)。現地の感覚としては少し高いですが、買っちゃいましょう。

タコは、小型のタコ(イイダコ)を丸々入れています。というか、兄さんたこ焼きやくの苦手かな?(オブラートに包んだ表現)

ソースとマヨネーズで隠蔽工作されていますが、これはもはや「たこ焼きになりたかった何か」です。

味は、たこ焼き作ろうとしたのに、間違えて生地をホットケーキミックスにしてしまった、といった感じですが、まずくはないです。でも、うま

徐々に暗くなってきました。左手が出店で、右手は道路沿いの常設店舗です。

夜市で自撮りを購入。今まで自撮り棒って抵抗があったんですけど、良い写真をお届けしたいという気持ちから購入しました。

100元(約360円)。……あの(自称)たこ焼きと同額だとッ!?

すごい、高い位置から写真が撮れる!!今後の記事に期待ですねこれは。

戻ってきました。すっかり夜になってしまいました。

夜市って、どこも似たようなものなんですけど、なんか行ってしまうんですよね。わくわくしてしまいます。

終わりに

というわけで、饒河夜市でした。大きさもほどほどで観光夜市のため、台湾に慣れていない人でも気軽にいけると思います。

中国語が話せなくても大丈夫です。話せない人は日本語ごり押しで行きましょう!

あと、臭豆腐の臭いはかなり焼き付くので、食べる人はガムか何かを持って行った方が良いと思います。ヴォエ!