【写真大量】淡水を ちょっくら見ないか 読者様【ぼっち旅】

台湾観光

こんにちは、ブログのおかげで不可抗力的にアウトドア派なふぐです。

今回は新北市の「淡水」に行って参りましたので記事にします。

枚数が60枚超えと多めです。

ちなみに、ふぐろぶはスマホ利用者の方のために、写真のサイズは元サイズより縮小しています。




淡水信義線に乗車

さて、紅線で淡水向かいますが、紅線の正式名称は「淡水信義線」といいまして、終点は淡水駅となるわけです。

じゃあ、反対側は信義駅なのかというと、違うんだなこれが。象山駅なんですよ~、おっかしいなあ🤔

紅線は淡水に行くまでに、地下区間→高架区間→地上区間

と走るわけですが、地上区間に入ると、左手側に淡水河が見えてきます。電車は淡水側と併走しながら淡水駅へと向かいます。

淡水駅に到着。人が、わーっと降りていったあとの静寂を撮影。

淡水に到着

超!晴!天!

直射日光は暑いものの、空気は比較的涼しいです。

淡水ってこんないっペえ人が集まるのか!オラ知らなかったぞ!

講義のない平日に行けば良かったかなあ

駅舎はレンガ造り。タイトルの画像の写真とは別です。

空いているように見せかけて、木陰に人がぎっしりいます。

左手をご覧ください、淡水河です。

なんで、こんな水浸しなんだ……?

なるほど、水がこっちにあふれてきています。ガバガバ設計。

そして、魚も陸地側に入ってきてしまっています。

ニ ボ シ 化 確 定

さて、振り返ると、淡水の観光地が広がっています。

それを見て、僕が一言↓

ひろすぎませんか?日光あっついし、帰りたくなってきちゃった

 

うそうそ!ホントは淡水楽しい!

商店沿いを歩きます

こちら、淡水の景色。「晴れの日の淡水は絶景」なんて聞いたことありますが、絶景かと言われると、どうなんでしょうか……。

普通じゃね?(貧しい感性)

こちらは以前曇り(霧)の日に撮った淡水の風景。

こっちの方がかっこよくない?涼しいし。

はああ、暑いなあ、顔の左側だけ日焼けしそうだっちゃ。

てか、何で色の濃い服を着てきたんだろう。思考回路事故ってんなあ……

さて、今回の記事は、解説なんてすることなんてありません!

無駄話でもしながら進めようかと思います。隙あらば自分語り。

淡水名物のイカ揚げ

「は?調理師免許?」みたいな厨房と道具でイカを揚げてくれます。

店員のオッサンはメッチャ無愛想。

仕上げに謎の草と、謎の粉を入れて渡してくれました。

たっぷり入っています。

く、串が2本。1人歩きなのに串が2本。おっちゃんに深い意図がないのはわかってるけど、なんとなく寂しいなあ。

緑のは九層塔(台湾バジル)だと思います。入れる量が香り付けのレベルじゃない。

味は、おいしいですね。謎の粉はカレー風味です。



淡水と言えば、台湾人のお友達の女の子が住んでいるんですよね~。

その子は美人さんで、一時期、僕がその子のことが好きなんて噂も立ちましたねえ。

こういうのって否定しても肯定しても面倒くさい、どうしようもない٩(๑❛ᴗ❛๑)۶やったぜ

ええ……浸水してるんですけど(困惑)

隣にいた老夫婦はあきらめて引き返していきます。

僕はどうするかって?

いやあ!靴が濡れて困っちゃいました!

「靴が濡れるので僕もあきらめました」なんて、そんなことふぐろぶに書けまへん!

歩道の脇、あふれ出る水。

じっと見てると案外楽しいです。

歩けない歩道。塀に上って靴が濡れるのを回避します(なお、手遅れな模様)

こういうのも、友達とか彼女と行くと「ひゃっはー!水だああああ!」と盛り上がれそう!(貧弱な発想)

歩道側にあふれそうな水。というか、あふれます。びしょ濡れ。

(ここから始まる無駄話)

「彼女は台湾人と日本人のどちらが良いですか」という質問は、日本人にも台湾人にもよくされるのですが、なんて答えたら正解なんでしょうか。中国語をしゃべるか日本語をしゃべるか以外の違いがわからない……。

台湾の美容院のオニーサンが「日本人は台湾でモテるぜ」なんて言っていましたけど、本当なのでしょうか

本当だとしたら、夢が広がりますねえ🙄

ああ~、南国っぽい~。

そういえば、台湾人の友達(男)が「僕の好きな人は君のことが好きなんだ」って言ってきたんですよね

それを話す意図とは!期待するじゃないか!

……いやいやいやいや、嘘でも本当でも話がこじれるからやめちくり~

でも、台湾人の彼女を作れば中国語がすごく上達するかもしれませんね。

いや、上達する前にフラれる😂