【台湾人はトリが好き?】台湾食の磚窯雞を食べて来たのでお見せしましょう

台湾グルメ

こんばんは、ふぐです。

今回はタイトル通り、「磚窯雞」をご紹介します。意味としてはレンガの窯の鶏ですね。なんとなく察するのではないでしょうか。

それにしても、台湾はアヒル、ガチョウ、ニワトリと鳥類の料理が日本に比べたくさんある気がします。




それではいってみよう磚窯雞のお店

レンガの窯が並んでオシャレな雰囲気です。

とはいえ、これはただの飾りではなくて、実際にオジサンがこの窯にニワトリをぶち込んで調理しています。

着席。そして、台湾ではあるある「ところでこの人は誰?」状態。

そう、僕は飛び入り参加したのです。9人中5人が知らない人で、しかも、結果から申し上げると、今回僕が会話を交わしたのは9人中2人だけという恐ろしい食事会でした。

すまない、日本人はシャイな人が多いんだ。

そして、こちらがその磚窯雞(丸鶏)。

日本なら丸鶏といっても頭を落としているものがほとんどですが、この鶏は内臓を抜いてあるだけです。まあ、だいたい台湾でトリは頭ついていますからね。

でも、顔がついているとこう、なんというか……

死体っぽいよね!

あと、喉のあたりに切り込みが見えるけど、それが生前のものなのかどうかとか気にしたらいけません。

対面に座るイケメンくんがニワトリを解体し始めました。

首と胴体をそれぞれ掴んでブチィ!っと引きちぎっていてビビりました。全然抵抗なしといった感じです。さすが台湾人、慣れています。

ちなみにこの丸一羽で600元(約2,220円)です。安い!

さて、友達が解体している間に食べ放題のご飯を食べましょう。雞油もかけ放題です。

雞油といえば家系ラーメンの「油」に使われています。つまりメチャクチャ旨い。

味が濃いわけでもないのに、香りと油感でご飯3杯食べられます。実際、いつもならご飯は1杯の僕が、3杯食べちゃいました。

雞油は食べ過ぎるとお腹を壊す場合があります。

そのことをすっかり忘れてたよ……。僕はダメでした。翌日死にました

 

いやー、料理が来る前にお米食べすぎて、既にお腹いっぱいです。

メッチャ美味しいのに、あんまり食べられない。

米でお腹いっぱいになっちゃったのは失策でした。

いや、だってこれが今日一日の最初の食事だったんだもん!!(午後7時)

夜までご飯ナシはさすがにしんどいです。一日一食生活をする場合は朝か昼に一食なんです……。

そりゃ、目先に美味しい混ぜご飯があったら食べちゃいますって……。

でも少しは食べます!食い意地がはっているので😏

写真のものは唐揚げの甘酢和えです。さて、この箸で掴んでいるもの何だと思いますか?

これはパイナポーゥ🍍です

酢豚にパイナップルと同じノリで入っていました。ちなみに、台湾人達も「なに、これパイナップル入ってる?」という会話をしていたので、このおかずにパイナップル問題は日本限定ではないみたいです。

ちなみに僕は「すごく合うものではないよな」と思いながらも黙って食べる穏便派です。

それにしても、最近感じたことないくらいにお腹いっぱいになりました。

そして、何が問題って、みんなだいぶお腹いっぱいなのに、こんなに料理が残っているということです。

奥の鍋とかみんな全然手つけてないし。

最終的に、手前の土鍋と奥の鍋は結構残してしまいました。

店員
あら、ここら辺全然食べてないじゃない!美味しくなかったかしら?

ここで、全員焦ったように「いや!全然!美味しかったです」と答えました。

「ただ食べきれなかっただけ」と。

ふぐ
鍋は食ってないし味わかんないから僕は黙っとこ

とりあえず肉類は(他のみんなが)全て食べて店を出ました。

おわりに

お店の外に薪を平積み。

酔っ払いは意味もなく、こういう薪を持ち帰りたくなるんだろうな……。

 

というわけで、以上台湾での食事風景でした。残してしまったのは大いに反省です。いやでも、注文は台湾人に任せてたし(言い訳)。

【余談】今日の試験

今日の試験は、国際貿易実務がク○みたいな点数になっていると思います。全然分からんかった!

一方、統計学はなかなか良い点数がとれたのではと思っています。教科書持ち込み可でしたが、僕は買っていないので、ナシでやりました。やはり天才だったか。

ふぐ
統計学の試験、結構いけるわ
友達
いや、無理っしょ

なめられすぎワロタ。

あと、中国語上級の試験は88点でした。

何を基準に上級なのか分からないので、すごいのかどうかは謎です。ボクメッチャスゲエワ!パネェッス!

勉強つかれたら、留生じゃなくて留生になろうと思います