台湾人の友達がオススメする甘味の老舗、雙連圓仔湯がおいしい

台湾グルメ

こんにちは、ふぐです。

今回ご紹介するのは、雙連圓仔湯という台湾スイーツのお店です。

全体的に料理が甘いと言われる台湾ですが、そんな台湾の甘味処、どんなものか楽しみです




台北メトロ雙連(双連)駅から徒歩1分圏内

台北メトロで気軽に行けるので観光にも最適!

最近の記事は行きにくいとところや僻地ばっかり紹介していたので、久々に皆さんの役に立つ(かもしれない)情報です。

お店の入り口の看板は「双連○仔湯」となっています。

1階の厨房は客席からも見えるようになっていて、タピオカ、あずき、緑豆、山芋、ナタデココなどなど、甘味に入れる食材がずらりと並んでいます。

とかいいながら、案内されたのは2階席。台湾ではお馴染みの書き込み式メニューです。

一緒に来た友達はかき氷で注文。白玉やサトイモ、あずきなどがたっぷりのっかっています。

僕が注文したのはこちら。

一言で形容するなら、冷たいおしるこです。暖かいのも注文できるのでそうなるともはやタダのおしるこ。

意外なのは、これらの味が案外あっさりしていて落ち着いた甘さだということです。

料理が甘い台湾なんだから、スイーツはもっと甘いやろ!なんて思えそうですが、そうでもありません。

そして注文してしまったのがこちら、マンゴーアイス。

台湾のマンゴーは本当においしいです。どう頑張っても日本のマンゴーでは勝てません。

こちら、商品名が夏戀(夏恋)ing

おそらく台湾の人気バンド、五月天の超有名曲「戀愛ing」にかけているのではないかと勝手に思ったり思わなかったり……。

違うかな?

お味の方は予想通り。

予 想 通 り お い し い

これから暑い時期に台湾にいらっしゃる方々。フルーツは絶対外せませんよ!!

おわりに

以上短めの記事でした~。

このお椀のスイーツも台湾らしくて、悪くありません。

しかし、僕は思いました。食べるならやっぱりフルーツだと!

 

日本ではタピオカが流行っていますが、台湾に来たらフルーツで。

タピオカなんて値段以外大して違いないから!

そう食べるならフルーツ!そう!今日はそれが言いたかったのです!

それでは皆さんのお越しをお待ちしております。