新竹県の観光地周ったけど日本人全然いないので僕が紹介ダァ!

台湾留学

こんにちは、ふぐです。

久しぶりのまともな(?)台湾紹介記事です。

12/30-12/31にかけて、年末の新竹旅行をしています。

パソコンを持ってませんが、スマホから記事を作成しています。

なぜそこまでするかって?

2018年最後の記事がアレはさすがにナシだなと思って……。

さて、今年最後の長編記事を年明けに間に合わせるように必死で書いていきます。眠い。




旅は安定の遅延から始まる

まず、台北駅を出る時点で電車が5分の遅延。

幸先いいですね。

「遅延は5分と言ったな。あれは嘘だ。8分だ」

結 果 13 分 の 遅 延

 

あ、そういえば列車が到着する前におばさんの声でカタコトの日本語の謎の放送が流れました。

あー、モシモシ?

フジモト様?え?フジモト様。サキコさんね。

えーと、13番で待ちます。

日本語ってムズくね?

バイクの旅

友達と合流してバイクでいきます。

いい天気ですが、ついさっきまでは雨でした。

実は青空の状態でも霧雨が降っています。

台湾の雨ってイヤラシいんですよ。降ったりやんだりを繰り返したり、傘さしても入り込んでぬらしてくる霧雨だったり。

台湾の悪いところは何ですか。と聞かれたら

と答えます。

 

……一番悪いところが雨なんて言われてしまう。それだけ台湾は良いところってことです。

 

 

褒めすぎた気がする

 

さて、あっという間(3時間)に、內灣老街にたどり着きました!

內灣老街

まず言いたいのは、お尻が4つに割れそうということです。とても痛い。

スクーターに3時間はヤバイです。

入り口付近の景色。

観光地っぽくないですね

さっそく唐揚げを購入。

これが朝ごはんです(午後3時半)。

まあまあかな。

台湾の観光地はだいたい日本人に遭遇しますが、內灣老街では全くいませんでした。

交通の便が悪すぎて、観光客が来るには少しハードルが高いのです。

気のいいおっちゃんが売ってる串焼き屋。松坂豚肉串を注文

おいしい。

松坂≒脂の乗った

これ本当。

老街周辺は自然にあふれています。

昔行った飛騨高山を思い出して、行きたくなりました。

あーあ、日本帰りてえなあ……

なんて。

少し離れた場所から撮った內灣老街。

山の中に切り拓かれているのがよくわかりますね。

そして、ご飯タイム。

ここで僕には個人的な問題が2つありました。

  • さっき唐揚げ食べてお腹空いてない
  • メッッッチャ眠い

個人的には大した問題ではないものの、ご飯にあまり手を付けない上に、疲れているように見えたようで、友達に心配されました。申し訳ない。

僕も日帰りなら頑張れたんですけれど、今回は無計画の2日間徹夜ツアーなのです。

だから、あと24時間以上行動すると思うと、もう出す元気もありません。節約、出し惜しみをします。

あ、徹夜は体に良くないからやめようね。

これが台鐵の內灣駅です。

ふぐ
これに乗れば台北に戻れるんだな……

とは思ったものの、超ローカル線なのでものすごい時間がかかります。

 

でも、帰りたい気持ちがそこに確かにありました。

 

とにかく眠い。

その一言に付きます。

僕はこんなに眠いのに、どれだけの長時間活動するんだ!みんな元気すぎるだろ!

と密かに思っていました。

友達とのお出かけは楽しいのですが、写真から見てわかるように、体力の削られ方が半端なくて……。

 

現地人向けの観光地なので台湾らしさを感じやすいのではないでしょうか。

台湾らしさとは具体的に何と聞かれたら困るので絶対に聞かないでください。

僕はヨーグルトと手袋を買いました。

ヨーグルトはお腹の調子が悪かったので買いましたが、これは台湾ならどこでも買えます。

手袋はバイクに乗るときに寒いので買いましたが、これも多分どこでも買えると思います。

 

結局どこでも買えるものしか買っていません。

ウケる。

新月沙灘

意味は新月ビーチです。新竹県の竹北市にある砂浜です。

え?でもその看板、三日月じゃん!!

 

って思った人……

 

残念!三日月は逆向き!!

これは有明月でした~。

 

え?そういう話じゃない?

 

ビーチの手前には公園があります。

砂場の水はけが最悪です。

もはや池。

向こう側が海。

漆黒である。

夜の海って怖いですよね。なんか、やべーヤツが上がってきそうな……。

そりゃそうです。明かりは後ろに街灯が2基だけですから。

バイク2台のヘッドライトで照らしてみる。

※何か映り込んでいたとしても絶対コメントに残さないでください。怖いから。

砂浜は強風によってすぐに均されるので、まっさらな砂の上に自分だけの足跡を残して遊べます。

もちろん風がメッチャ強いところに砂があるので、結構エライ目に遭いました。

角膜への攻撃が……

自分の顔に電灯を当てて遊んでみる。

よく考えたら、僕もよっぽどヤバいヤツでした。

ふぐろぶ読んでくれてありがとうぁあぁ!!(新竹から愛を込めて、ふぐより。)

先ほど言ったとおり、新竹県は湿った強風が吹きすさぶので、海岸近くは特に寒いです。

僕は顔出しするタイプの人間ですが、このときばかりは顔面も防寒しています。顔出しNG。

なんと上の写真を撮ったとき、気温は15℃!!

 

 

その頃東京は3℃!!!

 

僕は来年、日本で越冬できるのでしょうか?

 

さて、夜ご飯のために移動です。