【台湾カレー探訪】ココナッツカレーがうまいということを教えてあげます【ベトナム料理】

日常

こんにちは、ふぐです。

今回の記事はカレーです。

台湾は関係ないです。

最近はブログも良い具合に伸びてきています。

 

台湾のこと書かないとブログの伸びが落ちるかなと思いつつも、やっぱりカレーの事を書きます。

それがふぐです。ふぐろぶなのです。




久しぶりのベトナム料理

この日は久々に大学の先生と一緒にベトナム料理を食べました。

ベトナム料理、日本では一度も食べたことなかったのですが、台湾に来てからは先生に連れられて食べる機会が多いです。

 

さて、雨がザーザーと降りしきる昼下がり、僕はベトナム料理のメニューの中にココナツカレーを見つけてしまったのです。

カレー好きを語る上ではこれは記事にするしかないです。

 

運ばれてきたココナッツカレーのセット。

銀色の容器の中身は何かというと……

米です。中にはインディカ種の米つぶたち。

いわゆるタイ米と同じタイプの米です。

ジャポニカ米(日本の一般的な米)と違い、独特の香りがします。

昔、日本で大量に廃棄された悲しみのお米。タイ米。

たしかに、タイ米は日本食には絶対向かないと思います。日本の定食屋でこの米出てきたらビックリします。

これがココナッツカレー。カボチャプリンのような様相を呈していますが、カレーです。

この画像見て思ったんですけど、カレーって黄色ですか?茶色ですか?

僕は物心ついた頃からカレー=茶色というイメージしか無かったんですけど、世の中にはカレーのことを黄色と形容する人も少なくないわけですよ。

僕は一時期、黄色と茶色の概念について本気で悩んだ時期があります。

確か、小学五年生のときでした。

で、そんなことはどうでも良くて、カレーがウマいんですよ。

この黄色いカレーがうまい。

僕はカレーなら、中辛以上でとろみがあるものが好きです。

 

ところがどっこい、このカレーは、それとはまるで違います。

まず、シャバシャバな水気たっぷりのカレーです。

しかも、ココナッツ由来のデザート的なかぐわしい香りによって、甘ささえ感じる仕上がりとなっているのです。

 

僕の好みのカレーとは真反対です。

 

なのに美味しい。

 

わあ。ココナッツってすごい。

そう思いました。

 

確かにココナッツミルクとか激うまですし。

ココナッツが入れば何でもうまいに決まってます。

 

というわけで、謎のココナッツ欲が湧いた僕は、自宅に戻ってから、ココナッツ石鹸を引っ張り出しました。

食べるわけではありません。嗅ぐのです

めっちゃ良いにおい。ずっと嗅いでられます。

 

昼のココナッツカレーの記憶が思い起こされます。

 

と、ここで妙案を思いつきました。

 

これはココナッツのハンドクリーム。

キャップを開けると期待通りの良い香りです。

 

コレを手にたっぷりと塗り込みます。

 

亜熱帯気候の台北でハンドクリームをたっぷり塗り込むと、とても不快な感じがしますね。

真似するのはやめましょう。

 

さて、この状態で鶏肉おにぎりを食べます。

カレーとココナッツの香りがあうならば、おにぎりとココナッツの香りも合うという理論です。

何という素晴らしい考え。天才か?

 

 

 

……真似するのはやめましょう。

京都の街中でフラガールにサマーソルトキックを食らったような気分です。

おやすみなさい。