超ビビりの僕でも周回すればお化け屋敷イケるんじゃないか説

台湾留学

こんにちは、ふぐです。皆さんはホラー映画やお化け屋敷などでビビるタイプですか?僕はめちゃくちゃビビります。めちゃくちゃビビりなんです。

どれくらいビビりかというと、ホラーゲームの実況動画のビックリシーンで失神しそうになるくらいにビビりです。

そんな僕が、ある日悪魔的発想を思いついてしまいました。

お化け屋敷って、周回すれば怖くないんじゃね?

ということです。

僕は本当にお化け屋敷が苦手で、ほとんど行ったことがありません。

でも、克服したい!ホラーコンテンツをビビらずに楽しんでみたい!

はい、今回はお化け屋敷に行くことにしました〜!




東京ドームシティに怖いのがあるみたい

東京ドームシティにある「怨霊座敷」というお化け屋敷に行くことにしました。なんと、今の東京ドームシティは、学生ならば15:00以降、1,200円でどんなアトラクションでも合計3回利用することのできるチケットを買うことができるのです。

ということは、このチケットを買えば、1,200円で3回もお化け屋敷に入ることができるわけです。

戦いの前の腹ごしらえにポテトを買いました。このサイズで350円。安いなあ。

チケット購入

そのチケットは、チケットカウンターで購入することができます。

今回から、ブログづくりのアシスタントとして「タツ」君が参加してくれることになりました。

というわけで、2人分購入です。1人でお化け屋敷に入らないで済むだけまだマシかもしれません。

しかし、怖いもののたとえに、「地震、雷、火事、親父」という言葉がありますが、僕の場合は、「幽霊、幽霊、幽霊、母親」です。この時点で、すでに企画を中止したくて仕方ありませんでした。



怨霊屋敷へ

以下はお化け屋敷のネタバレに繋がる表現があるため、閲覧はそちらをご了承の上お願いいたします。

いやいやながらも、お化け屋敷の入り口へ

遊園地にあるあるな雰囲気のお化け屋敷の入り口ですね。めっちゃイヤだ帰りたい。

どんなお化け屋敷?

この屋敷に出るオバケは「夜雨子(ようこ)」という名前です。

彼女は生前、婚約している彼氏に白粉(おしろい)をプレゼントされ、喜んで毎日塗っていました。しかし、ある日、彼氏の浮気相手が夜雨子の白粉に蛾の鱗粉(りんぷん)を混ぜ込みました。

そのせいで、夜雨子の顔はただれてしまいました。鱗粉のことに加え、浮気の事実も知った夜雨子は彼氏に問いただします。

しかし、彼氏はそんな夜雨子を足蹴りしまくり殺したあとに、浮気相手と一緒に家の床下に埋めてしまいます。

(生きてる人間のほうが怖くない?)

しかし、そんなことをしたせいで、夜雨子は怨霊と化し、家に怪奇現象を起こします。そこで、彼氏と浮気相手はその家を売り払い、無関係の一家に売り渡します。

その後、家を買ったその一家は皆おかしくなってしまいました。めっちゃかわいそう。

このことを受け、まずいと思った二人は、夜雨子の呪いを解こうと、再び売り払った家に入ってゆくのでした。

浮気して、逆ギレして彼女殺すようなやつなのに、謎の正義感がありますね。

提示されたクリア条件

夜雨子のただれた顔に、パフで「薬」を塗ってあげればいいらしいです。えー、顔に触るとかめっちゃ怖いんですけど。

1周目

お化け屋敷の外観です。うおお、オバケが7人もいる。夜雨子に限らず、いろんなやつに恨まれているようだな!

初見です。ビビリな僕にとって、驚かされるとわかっていて進むのには勇気がいります。

1枚を係員さんに渡し、入場後、手元に残るチケットは2枚。

お化け屋敷の中は撮影禁止のため、文章と「いらすと」のみでお楽しみください。

インターホンを押して、玄関から入っていきます。

もうどこから何が出てくるかわからないので、僕はいっぱいいっぱいです。姿勢を低くして、できるだけ地面を見つめながら歩きます。FPSゲームで、しゃがむキーを入力したような状態で進んでいきます。怖くてさっき食べたポテト吐きそう。

屋敷を進んでゆくと、書斎にたどり着きました。

そこに、夜雨子はいました。この夜雨子の頬に薬を塗ればいいわけです。しかし、僕は薬を塗った途端に、なにか怖いことが起こるのではと、ビビりまくり、薬を塗れずにいました。

結局それを見かねたタツが、代わりに夜雨子に薬を塗ってくれました。なんて情けないのかしら、僕!

薬を塗り終わると、夜雨子は「ありがとう」と言ってこちらを向き微笑みました。僕は夜雨子が急にこっちを向いたので、めっちゃビビりました。

ただ、結局向こうから仕掛けるびっくり要素はなかったため、僕は安心しきっていました。

しかし、次の部屋に移ったとき

ヴァアアアアアアアアア!熱い!焼けるようだ!また騙したなあああああぁ!!

という夜雨子の叫び声が聞こえてきました。「また騙した」なんて言われても、なんの話かわからないんですけど!!

思わず後ずさると、後ろから、顔が血まみれの夜雨子が飛びだしてきました。

ああああああああああ!うおあああ!!!おああああああああああ!

と再びお化け屋敷に叫びが響き渡ります。これは、僕の叫びです。

どうやら、夜雨子の激おこモードが発動してしまったようです。夜雨子から逃げるように屋敷を進みますが、行く先々の部屋でびっくりトラップが発動してゆきます。怖い!怖いよ!

僕は恐怖に震え、しゃがみ前進をしながら、叫び続けました。

今考えると、成人男性である僕がギャーギャー叫んで怯えているところを、お化け屋敷のスタッフさんたちに見られていますよね。これはなかなか恥ずかしい!

最後はオバケに追いかけられたので、僕はスプリンターと化し、タツを後ろに置き去りにして、汗だくでお化け屋敷を飛び出しました。