万年筆を使うメリットはこんなにある!

生活

僕は高2の頃から、マークシート記入や転写などの必要なとき以外はシャープペンシルやボールペンを使わず、全て万年筆を使っています。

僕が万年筆を使い続けるのにはいくつか理由があります。




万年筆は楽しい

所有欲が満たされる

皆さんは小学生や中学生のときに、筆記用具にハマったことはありませんか。

筆記用具は勉強する上で必須なものであり、毎日のように使用するものです。

つまり、お気に入りの筆記用具を手に入れれば、字を書くことが楽しくなり、文字を書く作業が楽しくなります。

万年筆のデザインは素材にこだわっているだけでなく、洗練されたものも多いので、お気に入りの一本が見つかるのではないでしょうか。

自分の手に馴染んでくる

万年筆のペン先は、使い手の書きグセに合わせるようにペン先がゆっくり削れてゆくので、使っていくうちに、その人だけの万年筆に仕上がります。

ペンによっては書きやすくなるまで時間がかかることもあるだけに、手に馴染むようになると非常に愛着がわきます。

つまり、他人のを勝手に使った場合は殺される可能性があるので気をつけましょう。

インク色を変えられる

ボールペンやシャープペンシルは芯ごと変えてしまいますが、万年筆はインクだけを変えることができます。

僕はそうでもないのですが、ペン本体よりも、インクの方にハマってしまう人も多いみたいです。

万年筆を使う意外なメリット

大切に扱うようになる

万年筆は一般的なボールペンやシャープペンシルと高価なため、買い換えるようなものではなく、長い時間使い続けるものです。

さらに、万年筆自体が丈夫なものではないので、雑に扱うと、すぐに傷んでしまうこともあります。

ゆえに、万年筆を使うことで、物を大切に扱うくせがつくようになります。

僕はよく物を落とす人間でしたが、万年筆は落とすとしゃれにならないので、非常に気をつけるようになり、物を落とす頻度が全てにおいて減りました。

なお、スマートフォンは未だに落とします。

字がきれいに見える

これはシャープペンシルやボールペンと比べてたときの話です。

文字が濃いことや、紙に押し付けて書かないという万年筆の性質から、比較的文字がきれいに見けるようになります。なってませんか?なってますよね!!

上から万年筆、ボールペン、シャーペン。字がきれいになるわけではないのですが……。

注意力が身につく

ここが、僕の最も感じているメリットです。

万年筆は言うまでもなくインクを使うので、修正は効きません。

ですから、日常的に万年筆を使うと、シャープペンシルなどを使っているときよりも、注意力が上がります。

僕は注意力が散漫な人間なのですが、試験のときも含め、常に万年筆を使っているので、字を書くときの注意力が上がりました。

そのため、頭の中でよく考えてからものを書けるようになり、誤字も減りました。

そして、万年筆で書くのを失敗してしまえば跡が残ります。

たくさん間違えるほど、汚くなってゆくので、視覚的に自分が集中できていないことを自覚できます。

また、失敗を消しゴムで消せないため、自分の間違いを見つめることができます。

万年筆を使うデメリット

(いやいやながら)デメリットも、しっかりとご紹介します。

インク切れする

ボトルインク""

カートリッジ式という、外付けのインクタンクを持ち運べるタイプならまだいいんですけど、僕の万年筆はすべて吸引式といって、インク瓶から補充するタイプを使用しています。

瓶は通常持ち歩かないため、うっかりインクを切らしてしまうと、もう書けなくなります。試験中にインクがなくなったら、詰みます。

水に弱い

これが僕の思う最大の弱点です。

万年筆は水に弱いため、乾いたあとでも、濡れてしまうとインクがにじみます。汗をかいた手で少しでもこすると、思いっきり文字が霞みます。

インク""

ちゃんと乾かしてても、水に簡単に流れてしまいす。

他人に貸せない

万年筆はその性質上、他人に使わせることは非常によろしくありません。

他人の書きぐせがついてしまうばかりか、デリケートなため、壊されてしまうことも考えられます。

僕はそのために、他人に貸す用のボールペンとシャーペンを持ち歩いています。

紙を選ぶ

筆記用のいい紙だと問題ないのですか、つるつるしている紙だとうまく書けなかったり、ザラザラすぎる紙だとめちゃくちゃ滲んだりします。

まとめ

万年筆""

いかがでしたか、万年筆に興味を持っていただけたでしょうか。ぜひみなさんにも使ってみてほしいなと思います。

 

 

でも、ボールペンって本当に使いやすいよね