【センスを問われる】台湾で日本食が食べたいなら南京建國食堂に行くべし

台湾留学

こんばんは、ふぐです。今回の記事は台湾で食べられる本格的な日本食店についてのご紹介です。

台湾の本格的な日本食ということは、日本在住でこのブログを読んでいる人はまず行かないだろうなあという場所ですね。

だって、日本で食べる日本食が一番美味しいし。

ですが、行かないからこそ、「この記事で見ておくか」という気持ちになるものです。さあ見ていきましょうレッツゴー




南京建國食堂へ

「南京建國」という名前から、こう中華民國(台湾の国名)のプライドというものを感じます(適当)

「まいどおおきに」(ダブルスタンダード)

ちなみに店員さんは「イラッシャイマセー」以外の日本語はしゃべりません。なんでやねん

店内を見てみると、完全に日本の飲食店ではありませんか!!

こだわりのうどん

それにしても、日本語ばっかですね。台湾人の皆さんは読むことができませんでしょ。

まあ、日本人の僕でも別に読まないので問題ないですね。

そう、大事なのは「日本っぽさ」なのです。

あと、漢字でなんとなく理解できるのでしょう。どんな感じかってね!

さて、はなまるうどんのように、列を成し、おかずをとりながらレジの方へ向かいます。

レジの手前で、麺や米類を注文します。

ちなみに最初はサンマを食べようかなとおもったのですが、なんかウダウダ考えていたら、取り損ねました。

ふぐ
だからって、鯖って気分でもないし……
ふぐ
お、鶏の照り焼き、美味しそうじゃん。でもなあ、鶏は台湾ではしょっちゅう食べるしなあ
ふぐ
炒め物はそんな食べたい感じしないし……やべえ、どうしよう。お盆のうえスカスカだわ

とかなんとか考えているうちにレジの近くまで来てしまいました!

こうして、レジの直前で選ばれた僕の「日本食」がこちら↓

きつねうどん

うどんは塩気が少なめですが、しっかりと出汁を取っているような味です。僕はそのまま食べても満足でした。

逆に台湾人の友達は「うすい」と言っていました。

いやいや、台湾は何でもかんでも薄味じゃないか。

 

本当は台湾人じゃない説、急浮上。

そして唐揚げ

ついさっき

ふぐ
お、鶏の照り焼き、美味しそうじゃん。でもなあ、鶏は台湾ではしょっちゅう食べるしなあ

ふぐ氏の思考はガバガバ

 

だって、店員さんが「これ揚げたてだよ~」とか言うから!

揚げたての唐揚げを無視できるほど僕は出来た人間じゃないんだ!!

 

でも、唐揚げは選んで正解でした。鶏にしっかりと下味がついていてメチャウマでした。

日本の唐揚げといった感じで、台湾では食べられない味でした(ここ台湾だけど)。日本に住む皆さんにとっては、至って当然の味でしょうけどね!とてもうらやましいです。

おわりに

次はサンマ食べたい(切実)

台湾の料理が合わない人は来てみてはいかがでしょうか。

台湾に住むことで、こういう食事をとおして、台湾の良いところ、そして日本の良いところのそれぞれを実感できます。

逆に言えばそれぞれの悪いところにも気づくこともできるわけですが、そういうこと言っちゃう人は友達少ない(偏見)。

 

僕は台湾人の友達がいっぱいいるのでもう、毎日がエブリデイです。

これからも楽しい記事を書いていけたらなと思います。

 

台湾人のともだちいっぱい!

 

日本人の友達は……。