“グーグル広告”がくれる「7,500円分の広告クレジット」は詐欺に近いと思ったので注意!

ブログ

こんにちは、台北生活でホームシック気味のふぐです。

さて、今回の記事は大衆向けの記事ではなく、ブログ運営をしている方向けの真面目な記事です。ご了承ください。

今回のテーマはタイトルの通り、「グーグルアナリティクスから7,500円分の広告クレジットを進呈いたします」というメールについてのお話です。

いまから、そのプロモーションコードを使おうとしている方はちょっと待ってください!既に申し込み済みの方は、この記事を読む前にいったん広告の配信を停止してきてください!




そのキャンペーンは無料じゃない!

そう、どこを読んでも無料キャンペーンにしか読めないのに、そのキャンペーン、有料です。知っていましたか?

結論から申し上げると

広告費は必ず払わなくてはならず、プロモーションコードで広告費を相殺することはできない

ということです。

何で無料じゃないと言い切れるかというと、グーグルの人がそう言っていたからです。

つまり、なんと文句を言おうが使ったという事実がある以上、広告費の支払いは免れません。

今回の記事で言いたかったことはここでおしまいです。

僕も騙された!!

何を隠そう、ぼくはそのキャンペーンにほいほいと乗っかって騙された人間の1人です。

だいたい必要としてこの記事にたどり着いた方ならば、なぜ騙されたか分かると思いますし、あなた自身も騙されたのではないでしょうか。

「いやいや、そんなん君の見方が悪いんだろwww」という方のために解説を入れようと思います。

まずメールが来る

まず、突然シンプルなメールが来ます

スマートフォンのスクショでお見せしましょう。

本文は基本これだけです。

プロモーションコードとはこのキャンペーンを適用するために入力する暗証番号のようなものです。

ただし、下に小さく薄文字で利用規約が書いてありました。

7項目あるので、簡単に説明させていただきます

  1. 支払い請求先は日本にあること
  2. 期限までにプロモーションコードを入力すること
  3. 特典を得るために、広告を実際に掲載すること。31日分の実際にかかった広告費がクレジットとしてもらえる。
  4. 2と3の条件を満たしていれば、満たした日から5日以内にクレジットがもらえる。
  5. クレジットは、広告費として利用できる。プロモーションコード入力前の広告費用に充てることはできない。(つまり、コードを先に入力してから、広告を掲載しろということ)
  6. 広告費がクレジット額を超えても、特に通知はしない。(超えた分は自腹)
  7. 費用は支払いをちゃんとして、信用される状態でないと、特典は得られない。

これらの薄~い文字の規約を読んで気を付けねばならないと思ったのは5番でした。先にコードを入力して、その後に広告を掲載することに注意すること。

そして、6番。クレジットを超えた分は自腹となるので、自分で支払いしなくてはなりません。つまり今回のキャンペーンなら7,500円を超えないように注意しようと思うわけです。

実際に適用

実際プロモーションコードを入力し、ふぐろぶの広告を掲載してみることにしました(悪夢の始まり)。

入力は成功し、グーグル広告の画面には「獲得した金額 \○○」というようになっていました。

これをみて、僕は「あと31日間、合計7,500円を超えないように広告を掲載すれば良いんだな」と思っていました。

今日の出来事

なんとクレジットカードから7,000円近い引き落としが!

僕は台湾に留学中なので、そんな大金を使う機会はありませんでした。焦って請求者を見るとグーグルの文字が。

心当たりのあったグーグル広告を急いで精査することに。

しかし、どこを見ても手続のミスは見当たらず、プロモーションコードのページも「有効」となっています。

え?じゃあ、なんで引き落としが発生しているんだ??

そう、プロモーションコードは「広告費を支払ったら、7,500円を上限に同じ金額のクレジットをあげる」というものだったのです。

そして、この事実を知った今、メールから何からもう一度支払いに関する要項を読み返してみました。

やっぱり納得いかない。

だいたいこういう手のものは、見落としや理解不足に後から気づくものですが、今回ばかりはそうはいきませんでした。

正直、これは錯誤を狙っているとしか思えません。同じメールをもらった人ならばそう思うでしょう。

とにかく、僕は不本意ながらも広告費を払う羽目になってしまいました。

まとめ

グーグル広告は無料でお試しできるわけではない

超重要です。これからそういうメールが来るブログ運営者の方もいると思うので、本当に注意してください。

こちらの方も同じ目に遭いわかりやすく解説しています

正直グーグルのこのやり方には失望しました。

グーグル広告、マジで○○だわ。

同じ被害に遭う人がこれ以上出ませんように!!!!

それでは、また!