主語が大きい人をウザく感じてしまう人もまた、主語が大きい人だったりするかも?

日常

主語、でっかい人いますよね。

日本人ってさあ、ハッキリしないよね

とか

オトコって何でデリカシーないの!?

とか……

そんな人達にムカついてますかーッ?

じゃあ何でムカつくんでしょう?

原因を知る必要がありますね!

実は真の原因は他にあったりします。




表面的にムカつく原因は主に二つ

①勝手に認定するから

例えば

日本人ってハッキリしないよね

というセリフ

当然ハッキリしている日本人もたくさんいますから、彼らにしてみれば「は?」となるわけです。

さらに、その考えを持ち合わせない人も「は?」と思うことになります。

主語がでかい人は、でっかくまとめて、一般論のように語るので反感をもたれるリスクが上がるのです。

②内容がネガティブになりがちだから

そもそも主語がでかい人が反感を得やすいのは、大体悪口寄りだったりネガティブな言葉が続きがちだからです

  • 女の人は感情でモノを言う
  • 男はみんな獣
  • オタクは気持ち悪い
  • 最近の若者は我慢できない
  • 最近のお年寄りは我慢できない
  • 文系は~/理系は~
  • 日本は~/日本人は~

デカい主語で勝手に当事者にされて、なんかムカついたことありませんか?

 

逆に考えてみましょう。もしポジティブだったら

  • 女の子は誰でも魔法使いに向いてる
  • 男にはロマンってのがある
  • オタクが日本文化の一端を作り上げてる
  • 最近の若者は賢くなったんじゃないか
  • 最近のお年寄りは元気がある
  • 全米が泣いた

仮に事実でないとしても、褒め言葉ですから、そんなに悪い気はしません、よね?

眼鏡掛けている人が「ゲームばっかしていたの?」と聞かれた場合と「勉強たくさん頑張ってたの?」と聞かれた場合では、印象はだいぶ変わります。

 

もっと簡単に言うと

日本人が好き 日本人が嫌い

という言葉を聞いたとき、前者を聞いて一括りにするな!って言う人、まずいませんよね?

ポジティブな言葉は悪い印象を持たれにくいのです。

主語がでかい人は天文学者?

スコットランドの羊 というお話があります。

天文学者と物理学者と数学者がスコットランドで休暇を過ごしているとき、平原の真ん中に1匹の黒い羊を見つけます。

天文学者はそれを見て「スコットランドの羊は黒いんだ!」といいます。

これはどういうことかというと、宇宙の観測できる範囲は全体から考えれば非常に狭く、天文学者は「ごく一部の宇宙」を見て宇宙を語っているから、そのことを笑い話にしているわけです。

しかし、ある程度正確さが求められる統計情報でさえ、全数を調査するなんてことは基本できません。

そう考えると、我々は誰しもが経験や一部の物事から語る、主語のでかい人になりうるわけです。

 

ところで、さっきのお話のつづき、物理学者は何と言ったか?

「違う違う、せいぜい何匹かが黒いだけさ」

うんうん、さすが、現実的なか感じがしますね。

 

じゃあ、数学者は?

「スコットランドには少なくとも1匹の羊がいて、その半分は黒いことがわかる」

つまり、見える範囲の事実しか述べないということです。

自分の発言に対する責任回避には完璧ですね。

結局タイトルの言いたいことは?

この記事のタイトル

「主語が大きい人をウザく感じてしまうあなたも実は主語が大きい人だったりするかも」

まるでニーチェの名言のようですが、よく考えてみましょう。

主語の大きい人がウザいと言う人は、この世の主語の大きい人全員に出会っていますか?ないですよね!

ウザくない主語の大きい人がいるかも知れない可能性を捨て切れないままで語っていますよね!ん?(ドヤ顔)

 

主語の大きい人ってのがもう既にデカい主語なんです

つまり、主語の大きい人は~、と”主語の大きい人”をまとめて批判した時点で、あなたもまた主語の大きい人となるわけですな!参ったかァ!

 

んで、主語の大きい人をテーマに批判した記事ないかな~と探してみたら

主語の大きい人は残念だという話」という記事を見つけました。やったあ!

タイトルでオチてますよーッ!

しかも、個人を名指しに出して批判してますが、記事の中で、無自覚に大きな主語が出てきています。

終わりに

というわけで、問題なのは大きな主語じゃなくて、他人を批判したり、サゲちゃうことにあるんじゃないかって思います。

もしデカい主語を掲げたって表現に工夫を加えれば良いんです。

僕は日本人は控えめな向にあると思う

そもそも僕は主語の大きい人がウザいと思ったことはありません。

でかい主語は、褒める場合なんかはむしろ効果的なんじゃないかと思いますね!

さて、今となっては、主語が大きい人っていうと馬鹿にしてる感じがしますから、天文学的思考者って呼ぶのはどうですか?

ちょっとかっこよくないですか?

 

え?逆に馬鹿にしてる?

そう……。